1223_志奈そば田なかの


秋葉原のオタク・電気街を抜けた昌平橋通りにはラーメン店が数件並んでいて、どれもレベルが高い。

その中で志奈そば田なかさんの話題をネットで知り、行ってみる事にしました。

煮干し系のお店のようで、煮干し好きとしては行かねばならぬ。

30食限定 特製裏にぼ

写真 2020-07-26 11 17 34

こちらのお店のメインは、煮干担々麺鴨煮干らしく、裏にぼは濃厚煮干中華そばに特化したメニューのようです。

お店の説明を確認すると、豚ガラと鶏ガラを8時間煮込んだスープに50匹分の煮干しを炊き合わせたとか。

これはかなり濃厚。

全部入りとなる特製の裏にぼと、煮干し味の煮干し追い玉を頂きます。

写真 2020-07-26 11 17 58

確かな濃厚煮干しに感動。

やはりこれほど濃厚な煮干しスープを扱っているお店はなかなかありません。

かなりの濃厚さながらもエグみが少ないのが凄い。

個人的にはエグみ上等なのですが、煮干しが苦手という人はエグみが駄目みたいですから希少です。


写真 2020-07-26 11 18 28

煮干中華そばはカタめの細麺で提供しているお店が多い。

個人的にはお店で推奨しているカタめより更にちょっとカタめが好みの事が多いが、ここのお店はデフォでそのカタさくらいの歯応えあり。

なかなか個人的にツボを突いてきます。


写真 2020-07-26 11 19 25

チャーシューは2種類。

メインメニューが鴨にぼという事なのか、ここのでも鴨肉の登場。

なかなか個性的でいいですね。

写真 2020-07-26 11 20 11

豚チャーシューも美味しい。


写真 2020-07-26 11 21 56

玉子も2種類で、これはうずらの玉子

写真 2020-07-26 11 23 21

もうひとつの味玉の黄身の具合をチェック。

固茹でと半熟の中間くらい。

煮干しスープを染み込ませやすい。

煮干し追い玉

写真 2020-07-26 11 24 26

追い玉も数種類あり、ペペロン追い玉とか変化球ものありますが…煮干し好きなので煮干し追い玉にしました。


写真 2020-07-26 11 25 17

まずは混ぜそば風に食べます。

先に食べた裏にぼがかなり濃厚だったので、薄味に感じます。


写真 2020-07-26 11 26 01

裏にぼの残ったスープでつけ麺風に。

煮干し粉が増えた事で、煮干し度が増した味に変化。


写真 2020-07-26 11 28 05

タレは下にたまる物。麺の量が減ったあたりで、再び麺にタレをまぜこみ、まぜそば風。

お店指南であったので、ラー油とお酢で味変。

ピリっとした辛みも増え、独特の美味しさになる。

裏にぼの味が強烈だったので、替え玉のつもりでつけ麺風で食べるのが今回の場合一番美味しかったように思えた。

秋葉原・昌平橋通りはラーメン通り

写真 2020-07-26 11 31 37

場所は秋葉原駅から神田明神方面に向かうとあります、昌平橋通り沿い。

並びに二郎インスパイア系のらーめん影武者や、背脂の里 風魔さんもあって、なかなか注目のところです。

志奈そば田なかさんの本店は池袋駅大塚駅の間くらいにあるみたい。そちらも今度行ってみたいと思います。