写真 2018-11-23 21 18 22

SUSURU.TVで紹介された時から気になっていたお店です。

麺屋こうじグループのサイトに名前が有り、独立店との事。更に調べますと麺屋青山さんのブランドという事で、

大勝軒→麺屋こうじ→麺屋青山→どてちん

という系譜になるみたい。
気になっていたメニューはSUSURU.TVで紹介されたこちらの辛い系のラーメン



麺屋こうじの味は大勝軒と二郎を合わせたイメージがあります。こちらでは野菜増しも出来るようです。
麺屋こうじを二郎系というのは、ちょっと抵抗もあるのですが、分かりやすい表現ではあるとおもます。

見た目では、蒙古タンメン中本のインスパイア系のように見えます。

いつか挑戦したい、蒙古タンメン中本の北極。
どてちんⅢの辛さ普通はSUSURU.TVで「中本の7~8」くらいらしいので、中辛をクリアできれば中本北極は自分でも食べられる辛さという事と解釈。

写真 2018-11-23 21 00 16

注文しましたのは、

味玉どて辛・中盛、中辛

です。

ドンブリが結構大きい。
一瞬食べ切れるか不安に…。店内の「食べ残し禁止」の張り紙がプレッシャーになりました。


写真 2018-11-23 21 01 17

豆腐も入っていて、ますます蒙古タンメン中本インスパイアを印象づけます。

辛さ度は高いです。自分的には美味しく食べられるボーダーギリ位の辛さ。
これより上にしなくて良かった…。


写真 2018-11-23 21 02 48


麺は期待通りの麺屋こうじの流れがある太麺です。こんな感じの麺で、こんな感じの辛いラーメンを食べたかった。

しかし、辛さがスープの熱さも上げて、麺をすすれません(笑)
少しづつ食べるスタイルで頂く感じになってしまった。

辛いですが、慣れてくると少しづつ食べるのが至極の時間に変わってきます。

辛い物を短時間で食べる事にステイタスを置く方には辛いかもしれませんが、逆にチャレンジする甲斐はあるかもしれません。


写真 2018-11-23 21 09 23

味玉も真っ赤。

これはライスで食べても美味しいと思われます。

辛さもあって、麺を食べ終わると結構スープが残ってしまいます。

ライスを投入しても美味しいかもしれません。


写真 2018-11-23 21 14 38

スープ後半戦。

主に刻みニンニクですが、つぶつぶ感を味わいながらのスープが美味しい。

写真 2018-11-23 21 17 03

結局完飲してしまった。

腹が熱いです。

次回は辛さと麺量を普通にして、野菜増しで頂いてみたいです。