兎に角・辛油そば(南守谷店)
自分だけ油そばブーム。
今回は南守谷の兎に角さん。
以前にもこちらで油そばを頂いております。
しかし当時のブログの記録記事があまりにも淡白で「美味しかった」しか憶えていません。

なので再確認と思って行ってみましたが、油そばの他に辛油そばがあったのですね。

たまにツイッターで兎に角さんお油そばの記事を見掛けてましたが、色が赤く撮影のミスかも?と思っていたのですが、その訳が分かりました。

兎に角・辛油そば(南守谷店)
早速混ぜました。チャーシューが大きいので混ぜにくいところですが、自分も少しづつ慣れてきました。
完全に混ぜたとはいえないかもしれませんが、これでも十分でしょう。

兎に角・辛油そば(南守谷店)
ピリっとして美味しい。
麺との相性もかなりのものですね。

兎に角・辛油そば(南守谷店)
結構大ぶりなメンマも素敵です。
食べ応えあり。

兎に角・辛油そば(南守谷店)
兎に角さんのチャーシューは燻してあるようで、独特の燻製的な風味があります。

他には無い味ですね。

ご飯にも合うチャーシューです。


兎に角・辛油そば(南守谷店)
少しだけ具材を残して割りスープを注文。
とても濃厚。
こんなに濃厚でしたっけ?

兎に角・辛油そば(南守谷店)
辛油そばの味、とても美味しいのですが、兎に角さんの味である濃厚な魚介の味というわけではありません。

そのあたりはかなりキャラの違うメニューなのだなぁ…と、思っていたのですが、スープ割りにするとまさしく兎に角の味でした。

かなり濃厚でマイルドな魚介の味です!

兎に角・辛油そば(南守谷店)
そして最後は燻製味玉。
濃厚スープに絡まって最高の味でございました。

スープ割りで違った2種の味

スープ割りにコダワッていないお店ですと、単につけダレを薄めているといったお店もあります。

蕎麦の蕎麦湯みたいな物。それはそれで良いとは思っています。

しかし、こちらの辛油そばのスープ割りは別のスープになると言っても良いでしょう。

前半は辛いタレ。後半は濃厚な魚介スープ

店内に

「割りスープはお好きなタイミングで」

と、貼り紙がありますが、麺を半分食べたくらいで入れて食べるというのもアリという事なのかな?

次の機会でやってみます。