浜屋 特製汁なし中華そば
自分の中で流行っている、油そば、まぜそば、等の汁なし系。

今日は浜屋さんの汁なし中華そばです。

注文しましたのは、特製汁なし中華そば(900円)、大盛り(50円)
浜屋さんを気になりだした最初の頃によく食べていました。

その後、つけそばの方にハマってしまったので今回食べるのは本当に久し振りです。

取り敢えずは混ぜます!こちらも混ぜにくいです!
上に乗っているチャーシューを崩す勢いがあればやりやすいのかもしれませんが、この形を残したい!

浜屋 特製汁なし中華そば
なんとか混ぜて、いただきます!

この美味しさ、久し振りです。

汁なし系が好きになった切っ掛けはこの汁なし中華そばでした。その他のお店はあまり知らないまま、後はアキバの春日亭だけでした。

最近になってジャンキーなまぜそばを知ったような感じだったので、今回は原点回帰です。

この味から知ったのは、良いスタートだった。

浜屋 特製汁なし中華そば
海苔に巻いていただきました。

基本、麺が全てというくらい重要といわれるまぜそば

浜屋さんは自家製麺で、味のコダワリを感じる事が出来ます。

浜屋 特製汁なし中華そば
チャーシューも美味しいですよね。
ライスが欲しくなってしまいます。

浜屋 特製汁なし中華そば
麺大盛りなので、そこそこ量があります。
途中で味変を楽しむつもりでしたが、エビ辛し(100円)を忘れていました。

食券を買って、追加注文

浜屋 特製汁なし中華そば
エビ辛し、基本は少しづつ入れて味合うのがお店のお薦めのようですが、今回は全投入。

ここで辛口麺にあっという間の変身。

1メニューで2メニュー楽しむくらい変わります。

けっこう辛いので食べ終わった時には汗だくでした。

まぜそば、汁なし系などでは優等生(?)の部類と思います。

追い飯やスープ割りが出来る程タレが残りませんでした。
少しやってみたかったですね。