喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼

バーミヤン・フェア「6種味くらべご当地ラーメン祭り」
なんやかんやで本日で5種目です。

”こだわりスッキリ醤油”喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼セット
喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼
20世紀末に流行った「喜多方ラーメン」
実のところ、流行っていた当時それほどラーメンにこだわり等はなく、どういった喜多方ラーメンの特徴を理解していません。

ともかくスープをいただきましたが、美味しい醤油系ラーメン。

喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼
麺は喜多方ラーメンの特徴とされる加水率が高いといわれる平打ち麺。
モチモチ感を少し感じました。

喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼
ワンタン。味にアクセントが加えられていて、良い感じの存在感です。

ラーメンとして結構美味しレベルのラーメンですね。
食べてて嬉しくなってくる感じ(笑)


喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼
ピリ辛チャーマヨ丼
これが気になってきたのが半分の理由。
チャーシュー丼にピリ辛の具をのせ、マヨネーズをかけたものみたいです。

喜多方ラーメン ピリ辛チャーマヨ丼
お互いの具材がそれぞれ譲り合っている印象。
つまり普通という感じ。
ちょっとよく分かりませんでした。

喜多方ラーメンってなんだろう?

10年以上前に食べたと思うのですが、よく憶えていませんでした。
平打ち麺で、醤油ラーメン。それは普通の東京ラーメンとあまり変わらないのでは?
という印象でしたが、今回の感想も同じでした。

そもそも東京ラーメンってなんだろう??

醤油ラーメンの細かい細分化された分野のように思えます。

家系や二郎系、背脂チャッチャ系が広まった頃にラーメンに興味を持った為、ハッキリ特徴の分かるラーメンしか分かっていませんでした。

奥が深い様子ですが、もう少し興味が出たら調べてみようか?
…と、思いました。